原語で歌う

かなりあ少年少女合唱団OGP

にはただいま合唱団では、「サウンド・オブ・ミュージック」より、「ドレミの歌」と、

 

「エーデルワイス」を練習中。

 

ドレミ・・・は日本語ですが、エーデルワイスは英語で挑戦します。

 

やはり、原語、英語なら英語、ドイツ語ならドイツ語、で歌うのがベストです。

 

その原語の、発音、音、アクセントやリズムに合うように作曲されて

 

いるのですから、メロディも自然に流れます。

 

その歌を、とことん味わって、楽しむには、原語で歌うことが必要です。

 

原語で歌えると、もっとその歌の楽しさがわかります。

 

ただ、まだ小さい子供たち、まだまだ歌いなれていません。

 

まずは声を出し、みんなで歌う楽しさを充分に味わってもらいたい、また、

 

最初から最後まで、きっちり歌う、ということを大切にしたいので、ドレミの歌は

 

日本語で歌うことにしました。

 

よく知っている歌でも、きっちり歌うのはけっこう大変です。

 

楽譜どおりに正しく歌う。わからなくても、目で追っているうち、だんだん

 

慣れてきます。

 

合唱団には幼稚園の子もいれば、小学校の子もいます。

 

エーデルワイスはとくに歳が上の子用に用意しました。

 

時には私と一緒にデュエットしたりして、本格的にやっていこうと

 

思っています。

 

そんな姿を見て、年下の子達が、すごいな、かっこいいな、

 

と思ってくれれば、さらにその子たちのためにもなるのです。

 

関連記事

  1. かなりあ少年少女合唱団OGP

    ママに捧げる歌

  2. カルミナ・ブラーナ合唱オケ合わせ

    「カルミナ・ブラーナ」合唱オケ合わせ参加

  3. かなりあ少年少女合唱団OGP

    こんな練習をします

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。