みんな違う目標がある

子供たちはそれぞれが個性のかたまり。

 

年齢も幅があるし、得意なこと、好きなこと、みんなそれぞれちがいます。だから、いい。

 

だから、一人一人の目標も当然違います。

 

ある子は、今日はここからここまでを歌えるようにしよう。

 

ある子は、歌詞を最後まで読めるようにしよう。

 

ある子は、アー、と、前よりもしっかりとた声で言ってみよう。

 

みんなの前で、あいさつをしよう、でもいい。

 

全員が同じ目標に向かって進んでいく、ということはかわりませんが、

 

そこへ行き着く道、そしてその歩き方はそれぞれで違って当たり前。

 

方向さえきまっていればいいのです。

 

ひとりひとりの進歩が全員の進歩になる。

 

一人一人の一歩が大きいとか、小さいとか。

 

それは誰にも決めることはできないのです。

 

関連記事

  1. 今年一年を振り返って

  2. 楽しい?楽しくない?

  3. 子供の環境

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。