表現すること

かなりあ少年少女合唱団OGP

(ミクシイに掲載した日記より)
ニュースを読んで・・・
どうしたら、こどもが自殺しないようにできるんだろう。
こどもが自殺しないためにはどうしたらいいんだろう。
心が先に死んでしまったとき、自殺という選択をするのだろうか。
「いのちをそまつにしてはいけない」もう、これでは子供たちの自殺を止めることはできない。
「いのち」は大切なものだから、わかっているから、「自殺」してしまう、、、ということもあるのではないだろうか。それは、いのちの大切さを本当のところではわかっていない、ということなんだけど。
こどもたちへ。
どうか、表現手段をたくさん身につけてほしい。
表現できれば、自分だけの世界をつくることができる。
苦しかったらそこへ逃げたらいい。
逃げる元気があるうちに、泣いて、わめいて、逃げたらいい。
絵をかく、スポーツをする、音楽を聴く、演奏する。
その瞬間だけは、生きてる実感が持てること。楽しいと感じられること。
なんでもいいから、たくさん見つけてほしい。
こころから笑ったり、感動したり、何かに熱中したり、思い切り泣いたり怒ったり、、、
それらをたくさんくりかえすうちに、「いのち」というものの尊さを、ほんとうに理解していくんじゃないだろうか。

関連記事

  1. かなりあ少年少女合唱団OGP

    拙速なムードに飲み込まれず・・・親愛なる合唱団保護者の皆様へ…

  2. かなりあ少年少女合唱団OGP

    今年もよろしくお願いいたします

  3. かなりあ少年少女合唱団OGP

    8月1日(日)初リサイタル決定!(in都筑公会堂)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。